学校では学べない学びが自然にはある。
学校では学べない学びが自然にはある。

過去のキャンプ

一覧へ

名称 しまなみサイクリングキャンプ2021 日程 2021年4月1日~4日
場所 広島県尾道市、愛媛県今治市他 対象 新小学校3年生~新中学校3年生
参加人数 19人 スタッフ数 8人

2021年4月1日~4月4日(3泊4日)の期間に、「しまなみサイクリングキャンプ2021」を実施しました。 提供団体の特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティーより、下記の通りキャンプのご報告をいたします。

 

>>本キャンプの募集ページ

 

 4月1日(木)

 

新神戸駅2Fタクシー乗り場前集合

朝9時30分、子どもたちは元気に新神戸駅2Fタクシー乗り場前に集合しました。初めて会うお友だちや一緒に参加したお友だちと談笑する子もいれば、「みんなのペースについていけるかな~」と不安をもらす子や緊張したようすでなかなか言葉かけに応じない子など、それぞれさまざまな思いを抱えていました。スタッフの自己紹介をかんたんに行ったあと、尾道駅に向けて出発しました。新幹線内では、サイクリング中に使う地図の読み方の説明を受けました。

集合時 集合時2

 

 

 

尾道駅到着・昼食(弁当)・自転車レンタル

 尾道駅に到着し、グループのお友だちと一緒に尾道駅近くの緑地でお弁当を食べました。その後、自転車のレンタルへ向かい、自分の身長に合ったものの中で、自分が気に入るデザインの自転車を選びました。そして、自転車を安全に乗るための注意事項の説明を受け、出発しました。出発まで待ちきれず、緑地内で自転車に乗っている子もいました。これから始まるサイクリングにワクワクしているようすでした。

昼食 昼食2

 

 

 

1日目サイクリング・サウンド波間田到着

1日目は、宿泊地のサウンド波間田まで約25km移動しました。初めは、グループでスピードを合わせることに慣れないようすで、自転車同士の距離が詰まってぶつかりそうになったり、逆に距離が空きすぎて離れてしまったりしていました。また、地図をうまく見ることができず、「いまどこ?」「あとどれくらい?」とリーダーに頻繁に質問をしていました。「自分たちで地図みてみ~」と声をかけると、わからないながらも頑張って地図を見ていました。しまなみ海道の美しい景色にリーダーたちは目を奪われていましたが、子どもたちはせっかくのきれいな景色に目がいっているのか、いっていないのかわからないぐらい、ゴールを目指して必死に漕いでいました。途中、銭湯にて入浴を行い、入浴後にサウンド波間田へ向かいました。

サイクリング サイクリング2

 

 

 

テント設営・夕食(お好み焼き)・ふりかえり・就寝

テント設営はなかなか一人では難しいものでしたが、我先にテントをたてたい!という思いから、競争するかのようにそれぞれのテントを設営していました。なかには、そもそも芝生広場にたてるか、砂浜にたてるかで悩んでいるグループもありました。夕食のメニューは、広島ならではのお好み焼き(広島焼き)で、みんなお腹いっぱい食べていました。その後グループごとに場所を決め、リーダーやお友だちと今日一日あったことのふりかえりを行いました。その日のサイクリング中のことをふりかえり、グループのようすやサイクリング中に個人が心の中で感じていたことを打ち明けたり、それについてのそれぞれの見解を述べたりし、感情の共有や翌日以降の目標の再確認などを行いました。

夕食 夕食2

 

 

 4月2日(金)

 

起床・洗面・朝食

朝は6時45分頃に起床予定でしたが、6時頃に起床している子どもたちもいました。洗面を済ませ着替えを行い、ラジオ体操を行った後、朝食を食べました。メニューは、おにぎり2つとお味噌汁とオレンジジュースでした。その際に好きなおにぎりの具を賭けて、「おにぎりドラフト」をしました。子どもたちは、昨日のサイクリングでの疲労感を感じさせず、この日のサイクリングも楽しみにしているようすでした。

朝食 朝食2

 

 

 

ペグ探し(番外編)

テントの片付けの際、あるグループのテントを留めるペグが、昨晩の強風で2本行方不明になったことが判明しました。そのグループには、見つかるまでは出発できないことを伝えました。すると、なくしたグループをはじめ、自然と子どもたち全員で約1時間の大捜索が始まりました。みんなで探し始めたものの、必死に探している子もいれば、5分に1回休憩している子もいるなど、さまざまでした。それでも見つかったときは歓喜でした。

 

 

 

サイクリング(島ごと美術館)・昼食

 ペグ捜索が終わった後、フェリーに乗り因島へ戻りました。その後、生口島にわたり、生口島ではたくさんのオブジェを探しながらサイクリングを行いました。オブジェさがしに夢中になりすぎて、オブジェではないものまでオブジェだと思い込んでいるグループもありました。昼食は、グループごとにコンビニで所定の予算の範囲内でお買い物をしました。できるだけお釣りがでないように計算しながらのお買い物でした。グループごとに昼食をとり、午後からのサイクリングに備えていました。

サイクリング サイクリング2

 

 

 

ドルフィンファームしまなみ到着、イルカとのふれあい

昼食後、ドルフィンファームしまなみを目指して、サイクリングをしました。予定通り16時ごろに到着しました。ドルフィンファームしまなみでは、イルカのえさやりを見学したり、砂浜で鬼ごっこをしたりなど、思い思いに楽しく過ごしていました。

ドルフィンファーム ドルフィンファーム2

 

 

 

テント設営・夕食・入浴

その後、テント設営を行いました。あらかじめ、ペグの本数を確認するなど、子どもたちはしっかりペグ恐怖症になっているようすでした。2回目だったこともあり、スムーズに設営ができました。その後、グループごとに入浴、夕食(お弁当)を食べました。から揚げやエビチリ、野菜コロッケ、きんぴらなど、たくさんおかずが入っていて、子どもたちも喜んでいるようすでした。

夕食 夕食2

 

 

 

ふりかえり・プランニング、就寝

夕食後は、グループでふりかえりを行いました。朝のペグ探しや前日のサイクリングの反省をもとに、今日1日のサイクリングを中心にふりかえりました。グループ内での声かけを意識したり、グループ全員でゴールを目指そうとしたりするようすが見られました。また、翌日にルート外の亀老山展望台公園に自転車でアタックするかをグループごとに話し合いました。大変な山道と聞いても、「景色がきれいなら行ってみたい」「みんなで“やったー!”と叫びたい!」「山道は不安やけど、登らなかったことによって後悔したくない」など、さまざまな意見が出ました。結果的には、全グループがチャレンジすることとなりました。その後、就寝準備をして、21時30分に就寝をしました。

 

 

4月3日(土)

 

起床・洗面・朝食

この日も6時45分起床予定でしたが、6時頃には起きてトイレに行ったり、テント内でゴソゴソしたりしている子もいました。みんなでラジオ体操をしたあと、朝食の時間でした。この日の朝食のメニューは焼きそばパン、ソーセージロール、コーンスープ、オレンジジュースでした。特に体調を崩す子もおらず、元気に3日目の朝をスタートしました。

朝食 朝食2

 

 

 

プランニング(番外編)

 出発前に、亀老山展望公園への山登りに、個人で挑戦するのか、それともグループで挑戦するのかについて、グループごとに話し合いをしました。話し合いが始まり次第すぐに、「せっかくだからみんなで登りたい!」「いままでグループでのサイクリングだったから、山道は自分の力を試してみたい!」とすぐに決めることができたチームもあれば、1時間以上話し合うチームもありました。「みんなの言っていることもわかる」「どっちの意見もいい」など、相手に自分の意見を伝えるときの言葉選びの難しさに子どもたちは直面していました。正解のない話し合いは、グループとしての成長の大きなきっかけになりました。

プランニング

 

 

 

出発・サイクリング・亀老山チャレンジ

 グループごとに、個人で挑戦するのかグループで挑戦するのかを決めた後、道中のコンビニでグループごとに昼食を購入しました。亀老山はとても急な山道のため、登るのはとても大変そうでした。グループで挑戦すると決めていたグループも、登っている途中で「前に行きたい!」と言う子がいて、それぞれのペースで登る方がいいと考え、途中から個人で挑戦することに変えたグループもありました。そんな中でも、子どもたちは「大丈夫か?」とグループのお友だちを気にかけたり、「先に山頂で待っているから昼ごはん一緒に食べよう!」と励ましたりしていました。そして登り切った後、景色をみて「めっちゃきれい!」「しんどかったけどがんばってよかった!」と言っていました。かなり疲れたようすでしたが、とても充実感や達成感のある顔をしていました。

サイクリング サイクリング2

 

 

 

昼食・馬島上陸

 グループ全員が登り切り、美しい景色の中でお昼ごはんを食べました。亀老山の山登りにとても疲れているようすでしたが、お昼ごはんを食べてまた元気になりました。昼食をとった後は、グループごとに安全に気をつけて、途中で手を休めながら下山しました。亀老山下山後は、馬島に向かいました。馬島には、自転車ごとエレベーターに乗って上陸しました。子どもたちは、中から外のようすが分かるエレベーターに「おおー!」と興奮していました。馬島では、自転車で島内をまわったり、海岸で遊んだり、走って競争をしたりと、それぞれが思い思いの時間を過ごしていました。

昼食 昼食2

 

 

 

今治駅到着・ゴール、ふりかえり

馬島を出発し、今治駅に向かいました。ラストスパートで子どもたちも気合いが入っていたのか「今治駅まであと○km!もう少し!」と声掛けをしていました。ゴールに近づくほど、自転車を漕ぐスピードも速くなっていました。今治駅到着後、「まだ、自転車乗りたい!」「大阪まで自転車で行こう」と言っている子どもたちもいて、もっとサイクリングをしたいようすでした。そして、3日間のふりかえりとして、印象に残っていることや頑張ったことなど感想を話し合いました。そして、「このチームでよかった!」「このチームだからサイクリングできた」と言っており、とても充実感や達成感を感じているようすでした。

今治駅 今治駅2

 

 

 

おたのしみ夕食、お散歩

 ふりかえり後は、グループごとに好きなところに夕食を食べに行きました。お店を決めるときは、「何食べたい?」「ラーメン食べたい」「丼もの食べたい」などそれぞれが好きなものを言い合い、みんなで決めていました。夕食を食べた後は、東予港に向かうためバス停まで約2kmの散歩をしました。その道中に子どもたちは、「坂道しんどかったけど楽しかった」「景色がきれいだった」とサイクリングの思い出を語っていました。バス停到着後は東予港行きのバスに乗車しました。車内では口を開けて寝ている子が多く、疲れ切っているようすでした。

夕食 夕食2

 

 

 

オレンジフェリー乗船、入浴・就寝

 東予港到着後、オレンジフェリーに乗船しました。乗船後、すぐに展望バスルームで入浴しました。子どもたちは豪華なフェリーに興奮しているようすで、「明日、朝風呂しよ~!」と言っている子もいました。その後、就寝準備をして、23時に就寝しました。

就寝 就寝2

 

 

 

4月4日(日)

 

起床・朝食

この日は6時20分起床予定でしたが、6時頃には起きてトイレに行ったり、昨日見ることができなかった景色を見に朝風呂をしたり、デッキに行ったりしていました。6時30分ごろに朝食を食べにフェリー内食堂へ向かいました。この日の朝食のメニューは、焼き魚や卵焼き、納豆、みそ汁、ご飯などでした。少しご飯の量が多そうでしたが、元気にお腹いっぱい食べていました。

朝食 朝食2

 

 

 

オレンジフェリー下船・電車移動

朝食後、各自準備ができ次第集合し、オレンジフェリーを下船しました。大きな荷物を車に乗せた後は、グループごとにフェリーターミナル駅から阪急西宮北口駅まで移動しました。移動中は朝が早かったためにとても眠そうでしたが、電車に乗っている際は楽しそうにおはなしをしていました。

電車 電車2

 

 

阪急西宮北口駅到着・解散

阪急西宮北口駅到着後、ロータリーにて車から荷物をおろしました。グループのお友だちとお別れするのが寂しく名残惜しいのか、長くグループのお友だちと遊んでいました。その後、リーダーやグループのお友だちとお別れした後、無事に解散しました。