学校では学べない学びが自然にはある。
学校では学べない学びが自然にはある。

過去のキャンプ

一覧へ

名称 SATAPROサマー!「はじめての釣り体験~釣った魚でBBQ~」 日程 2021年6月27日
場所 尼崎市立魚釣り公園 対象 小学校1年生~6年生
参加人数 32人 スタッフ数 19人

2021年6月27日に、SATAPROサマー!「はじめての釣り体験~釣った魚でBBQ~」を実施しました。 提供団体の特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティーより、下記の通りキャンプのご報告をいたします。

 

 

>>本キャンプの募集ページ

 

 

 

〇集合・出発

武庫之荘駅にて7時に集合しました。はじめて会うお友だち・大学生のリーダーに緊張している子もいましたが、すぐに打ち解けこれから始まる魚釣りを楽しみにしていました。

早朝の集合で雨が降っている中、リーダーのあいさつに子どもたちは元気いっぱいに応えてくれました。

出発①出発②

 

 

 

○尼崎市立魚釣り公園到着・渡船

バスに30分乗り、海釣り公園に到着しました。子ども達はバスを降りた瞬間から「早く魚釣りをしたい!」「いっぱいお魚を釣るぞー!」と気合いが入っていました。そして、釣竿を持ち、ライフジャケットを着て船に移動しました。船に乗るとスピードの速さに驚く子どもたちもいました。

施設到着①施設到着②

 

 

 

○釣り体験

堤防についた後、子どもたちはインストラクターさんからレクチャーを受け、釣りを開始しました。最初は竿の使い方に「どの順番で始めるんだっけ?」と戸惑っていた子どもたちも、すぐに習得し、たくさんの魚を釣れるようになっていました。

針から魚をとる作業では、素手で魚を触ることを嫌がる子が多かったですが、自分で釣った魚に興味を持ち始め、徐々に魚を触れるようになっていました。魚釣りの時間はあっという間だったようで「まだ魚を釣りたい!」「魚釣りって楽しい!」と言う声が聞こえてきました。

釣り体験①釣り体験②

 

 

 

○昼食の準備

釣った魚の下処理を教えてもらい、一人ずつ順番に体験しました。魚の身がとても硬く、手で捌くことに苦戦している様子でしたが、一生懸命頑張っていました。「感触が気持ち悪かった」「血が怖かった」などの感想も多く、魚をさばくことの難しさや命の重さを感じていました。

昼食準備①昼食準備②

 

 

 

○昼食(BBQ)・片付け

昼食ではリーダー・班のお友だちとBBQをしました。みんなが大量に釣った魚とお肉を焼いて食べました。とてもお腹が空いていたようで、みんな残さずたくさん食べていました。ご飯中はリーダーやお友だちと釣りの話や学校の話など、班ごとに会話を楽しんでいました。食べた後は班のみんなで協力しあい、ゴミを綺麗に片付けました。

昼食①昼食②

 

 

 

○フリータイム

フリータイムではリーダーと一緒に大縄跳びをしたり、鬼ごっこをしたりなど、とても元気に遊んでいました。また、シロツメグサで冠を作ったり四葉のクローバーを集めたりしている子どももいました。たくさんの新しいお友だちと様々な遊びをして、楽しそうに笑っていました。

フリータイム①フリータイム②

 

 

 

○尼崎市立海釣り公園出発・武庫之荘駅到着

帰りもバスに乗り、武庫之荘駅に向かいました。到着した後、リーダーと少しお話しをして、15時30分に解散をしました。思ったより多くの魚が釣れたため、おうちに魚を持ってかえる子どもたちもいました。多くの子どもたちが「また釣りをしたい!」と言っており、とても充実した1日を過ごせたようでした。